POPULAR / 人気の記事

寺東 宏城 / 業界を問わない広範な知見を有する社外ジェネラルカウンセル。法務面から企業価値向上を支援

画像出典:本人提供

この記事ではシェアボスのボス人材のひとり、寺東 宏城(てらひがし ひろき)に関する情報をまとめています。

寺東 宏城の概要

経歴概要

寺東 宏城は、株式会社セレス 経営企画室室長。複数の大手企業の法務部門にて、実務の第一線を担ったのち現職。弁護士資格を有する企業法務のプロフェッショナル。TOE THE LINE Inc. 法律顧問。JOLLY GOOD 社外監査役。

1997年神戸大学法学部を卒業し、エレコム株式会社 に入社。当時は未上場であった同社の上場に向けた法務機能の立ち上げを行う。その後日本エスリード株式会社へ転職し、法務、総務、人事、労務、上場準備などすべてを兼務。2000年からはオリックス株式会社へ転職し、8年間法務の職務に就く。この期間に弁護士の資格を取得し、2010年1月旧間宮総合法律事務所/スクワイヤ外国法共同事業法律事務所入所、2010年8月に野村證券株式会社へ転職。同社ではトランザクション・リーガル部で法務、知財、採用、M&A、リーガルアドバイス等多岐にわたる職種を務め最終ポストは次長となる。

2018年3月には現職の株式会社セレス経営企画室室長に就任。法務・内部監査部門の指揮を執りながら、経営企画部門にてフィンテック企業などベンチャーへの投資、M&Aなどを行っている。

強み・支援領域

強み

広範な業種経験と法律に関する専門知識を持ち合わせ、ビジネスとリーガルの両方を理解する希少な存在。

複数回の転職にて一貫して法務分野でキャリアを積み、会社法務、契約法務、知的財産、その他会社法務は一通り経験。経験業界は金融、不動産、メーカーと幅広く、クライアントの事業や規模、フェーズにあわせた支援が行えることが強み。特に競合優位性を確立しようとするベンチャー/スタートアップ企業にとっては、寺東のような法務体制の整備を行える専門家の存在は心強い。

直近10年間はマネジメント業務の経験も積んでおり、プレイヤーとしてだけでなくマネージャーとして、チームの構築およびメンバーの指揮・指導も可能。

支援領域

  • ベンチャー/スタートアップ企業
  • 法務、渉外、知財戦略
  • 経営企画、経営戦略

現在の勤務先と役職

画像出典:本人提供

株式会社セレス 経営企画室室長

2021年3月~現在  執行役員 経営企画室長
2018年3月〜2021年3月 経営企画室長

株式会社セレスは、東京都世田谷区に本社を置く企業。スマートフォンメディアを中心としたモバイルサービスの企画・開発・運営を行う「モバイルサービス事業」と、ブロックチェーン関連事業、ファクタリングサービス及び投資育成事業からなる「フィナンシャルサービス事業」などを提供する。

寺東は、法務・内部監査グループと経営企画グループからなる経営企画室の室長に就任。 法務・内部監査グループにてチームを率いて法務、コンプライアンス、内部監査、知的財産権などの業務に従事しながら、経営企画グループでベンチャー投資(CVC)、 M&A、 グループ会社管理などを行っている。

株式会社ジョリーグッド 社外監査役

2019年3月〜現在

株式会社ジョリーグッドは、東京都中央区に本社を置く企業。世の中の課題を発見し、それを解決するテクノロジー・エンターテイメントを創る。近年は特にVR関連事業を主軸としている。

過去の職歴

野村證券株式会社 トランザクション・リーガル部 4課 次長

2010年8月〜2018年

野村證券株式会社は、東京都千代田区に本社を置く企業。野村ホールディングス株式会社の100%子会社。

寺東は、オートローン、不動産等の証券化(プライマリー、セカンダリー)に関するリーガルアドバイス・契約書作成をはじめ、エクイティビジネスに関する新商品開発、仕組債などのMTNビジネス、グループ内組織再編等のM&A、商標などの知的財産権などに関してリーガルアドバイスを行った。

また課のマネジメント業務に加えて、トランザクション・リーガル部全体のマネジメントサポートに従事した。

旧間宮総合法律事務所/スクワイヤ外国法共同事業法律事務所

2010年1月~2010年7月

旧間宮総合法律事務所/スクワイヤ外国法共同事業法律事務所は、東京都渋谷区に本社を置く企業。

1918年3月(大正7年)設立。2008年に、会社名を松下電器産業株式会社から現在のパナソニック株式会社に変更。資本金は2,589億円。東証一部上場。

寺東は、ファイナンス、M&Aに関する契約書作成、法律相談に従事。

オリックス株式会社 法務部

2000年12月~2008年11月

オリックス株式会社は、東京都港区に本社を置く企業。1964年4月設立。東証一部上場。

寺東は、不動産証券化や、リースなどの変形ファイナンス取組の構築、ローン契約および担保などに関する契約書作成や法律相談を行った。

旧日本エスリード株式会社/エスリード株式会社 総務部総務課

1998年10月~2000年9月

日本エスリード株式会社は、大阪市福島区に本社を置く企業。2019年5月に日本エスリード株式会社から現在のエスリード株式会社へ社名変更。資本金は19億8,300万円。東証一部上場。

寺東は、不動産売買契約、重要事項説明書その他不動産に関する書面の作成・レビューや、取締役会、株主総会に関する資料、議事録作成および運営などの会社法務業務を担当。

エレコム株式会社 総務部法務グループ

1998年10月~2000年9月

エレコム株式会社は、大阪府中央区に本社を置く企業。1986年5月(昭和61年)設立。資本金は69億9千万円。東証一部上場。

寺東は、総務部法務グループで会社法務業務、知的財産権に関する業務、売買契約など取引契約業務や官公庁対応を行った。

寺東 宏城に関するインタビュー

法律がわかる投資家か? 投資がわかる弁護士か? 異色の経歴を歩んできた寺東さんの素顔

画像出典:Band of Ventures

さまざまな業界を経験したのちに、投資の道へ進んだ寺東宏城さん。2018年セレスに入社後は主にフィンテック企業に向けて投資を行っている。弁護士資格も保有し、法務半分・投資半分のユニークなキャリアを築いている寺東さんに話を聞いた。

(2020年4月8日 Band of Venturesより)

寺東 宏城のソーシャルアカウント

Facebook :https://www.facebook.com/hiroki.terahigashi
Twitter : https://twitter.com/oyaditera

RECOMMEND / おすすめ記事

FEATURED / 注目ボス

ページ上部へ戻る