デジタルトランスフォーメーション (DX)

松永 広明 / 日本IBMやアフラックで開発チームのアジャイル組織への変革をリード。アジャイル開発のエキスパート

松永 広明は、アジャイル開発のエキスパート、アジャイルコーチ。日本IBMやアフラック生命保険で、アジャイルチームの指導および現場コーチング、アジャイル組織への変革、業務プロセスの変革などを手がけた。Scrum Alliance関連資格スクラムプロフェッショナル、スクラムマスター、スクラムプロダクトオーナー認定保有者。

CDO(最高デジタル責任者)採用のポイントとは? 採用の必要性から求人方法までご紹介

ビジネスのDX化が叫ばれる昨今、企業のデジタル化の長であるCDO職に注目が集まっている。そもそもCDO (Chief Digital Officer) とは、最高デジタル責任者と訳される、企業のデジタルトランスフォーメーションを担う上級職のひとつだ。その役割は主に以下3点として説明できる。

田口 慶二 / 元オープンハウスCIO兼CISO。IT技術を活用した経営基盤創出や、DX・IT戦略策定に強み

田口 慶二は株式会社digil 代表取締役社長、ドーモ株式会社 エバンジェリスト。株式会社オープンハウスの元CIO/CISO。経営コンサルティング、DX/ITコンサルティングを含め、経営から実務までワンストップで一貫したデジタル化環境構築や、自社のDX/IT内製部門構築の支援を行っている。

CMO(最高マーケティング責任者)採用のポイントとは? 採用の必要性から求人方法までご紹介

このコラムでは、CMO(最高マーケティング責任者)の必要性と採用のポイント、求人を成功させるノウハウをご紹介する。また、CMO人材選考の際の参考として、CMOに求めたいスキルや給与などについても触れていく。 まずは、なぜ今CMO採用が重要なのか、を整理してみたい。

溝口 浩司 / ローソン、MTV、ソフトバンク等でプロジェクトヘッド歴任。幅広い知見と人脈でオンラインマーケ企画・実行、B2B営業および海外事業を支援

溝口 浩司は、株式会社C.E.ユナイテッド代表取締役。ローソン、EMIミュージック、エンタテインメントプラス(現イープラス) 、MTV、ソフトバンク、JTB、横浜ゴムなどでプロジェクトマネージャーやネット事業本部長など要役を歴任した、オンラインマーケティングおよび海外事業支援のエキスパート。

佐藤 崇 / エフルート(現アクセルマーク)・スマートアプリを創業した起業家。メディア、プラットフォームサービスなどBtoCマーケに精通

佐藤崇は、ビットレイティングス株式会社創業者、株式会社スマートアプリ創業者。モブキャストにて要役を歴任した。メディア事業やプラットフォーム事業を始めとするインターネット領域に精通する起業家であり、スタートアップグロースのエキスパート。自然言語検索エンジン、ゲーム業界、決済サービス、ブロックチェーン(NFT)にも明るい。

柳澤大介 / キーエンス、ユニコーン企業で営業・マーケ責任者を歴任。BtoBビジネスのグロース支援に強み

柳澤 大介は、株式会社マイノリティ代表取締役。イプロス(キーエンス100%出資)の元マーケティング部長であり、メルペイやスマートニュースで営業責任者を勤めた、BtoBマーケティングおよびセールスDXのプロ。現在(株)マイノリティでは、製造業やBtoB向けSaaS企業に特化したグロース支援を行っている。

デジタル幹部のシェアリング「シェアボス」と 報酬即日払いサービス「ナゲット」が業務提携

シェアボスとナゲットが業務提携することを発表します。この提携により、通常は 30 日程度かかる業務委託料の支払いを当月払いにすることが可能となります。ナゲットはフリーランスとして働く方への資金調達手段として、請求書の買い取りサービスを提供するものです。

ページ上部へ戻る