おすすめ

CTO(最高技術責任者)採用のポイントとは? 採用メリットから求人方法までご紹介

CTOは「Chief Technology Officer」もしくは「Chief Technical Officer」の略。最高技術責任者と訳される。技術関連業務の執行責任を持ち、企業内で技術戦略を立てる役割を持つ。 そもそもCTOは必要なのか、採用するメリットとは、採用方法にどんな選択肢があるか、などCTO採用に関する関心事を網羅的に紹介。

CTO(最高技術責任者)とは? 役割/年収/キャリア/採用方法を解説

CTO(Chief Technology Officer、あるいはChief Technical Officer)、「最高技術責任者」と訳されるこのポジションは、企業の技術部門の総責任者・担当役人を指し、日本においては特に2000年代以降に設置率が高まっている。 現代の企業経営不可欠なCTO人材について、その職責やキャリア、年収、採用の方法まで網羅的に解説する。

CIO(最高情報責任者)採用のポイントとは? 採用メリットから求人方法までご紹介

CIOとは「Chief Information Officer」の略で、最高情報責任者の意である。文字通り情報戦略における最高責任者であり、一般的にイメージしやすい情報資産やシステム、IT部門等の管理・活用という役割を持つ。また、経営レイヤーとしてそれらのテクノロジーを活かした経営戦略の策定やIT投資の執行などもCIOの役割である。

CDO・最高デジタル責任者とは? 2021年最新 | CIOとの違い・役割・業務・歴史を整理

CDO (最高デジタル責任者) は、企業のデジタルトランスフォーメーションを担う上級役員職のひとつ。その役割は主に以下の3点である。①デジタルビジネスへの全社的な適応 ②既存組織の改革と再編 ③ビジネスモデルの変革。米国で2009年頃から設置され2014年には1,000名を超えたとされている。

ページ上部へ戻る