おすすめ

葦原 一正 / DeNAベイスターズやB.LEAGUEの立ち上げを推進、売上5倍で20億を達成した男

株式会社ZERO-ONE代表取締役。早稲田大学院理工学研究科卒業後、外資系の戦略コンサルティング会社に入社。その後、横浜DeNAベイスターズの立ち上げ、B.LEAGUEの立ち上げ等、13年にわたってスポーツビジネスに従事。現在は、一般事業会社やスポーツ関連会社向けにコンサルティングを行なっている。

丸橋裕史 / 多摩美術大学准教授、デザイン経営を得意とするブランディング成功者

丸橋企画株式会社 代表取締役。多摩美術大学非常勤講師兼特任准教授。jekiやウォルト・ディズニー・ジャパン、慶應義塾大学(MBA)を経て独立。デザイン経営を得意とするブランディングのプロとして、上場企業をはじめ公共交通インフラ企業や外食、メーカーなど複数社の企業顧問としても活躍。

矢澤 修 / VOYAGE GROUPにて開発室長や子会社社長を歴任、新規事業創出と事業推進する仕組みづくりのプロ、ITの力で社会課題を解決

イースマイリー代表取締役。VOYAGE GROUP(旧社名:ECナビ)子会社ソーシャランドの元代表取締役。ヤフーでキャリアをスタートし、IT業界での経験豊富。黎明期より、ソーシャルメディアを活用した新規事業を手がける。現在は、企業の事業創出・改善コンサルや患者会顧問、YouTube配信などでも活躍。

CDO・最高デジタル責任者とは? 2020年最新 | 職責・業務・歴史を整理

CDO (最高デジタル責任者) は、企業のデジタルトランスフォーメーションを担う上級役員職のひとつ。その役割は主に以下の3点である。①デジタルビジネスへの全社的な適応 ②既存組織の改革と再編 ③ビジネスモデルの変革。米国で2009年頃から設置され2014年には1,000名を超えたとされている。

佐藤 大典 / 開発だけでなく組織づくりや文化形成にも力を発揮、アスクルの敏腕エンジニアリングマネージャー

アスクルのエンジニアリングマネージャー。同社運営するのBtoC向けECサービス「LOHACO」の開発に従事。前職のEMTGでチームリーダー、アプリ開発部長、戦略開部長を歴任した後、現職。新規事業の立ち上げの開発リード、スクラムマスターや開発組織マネジメントを得意とする。

ページ上部へ戻る