人事・人材

CTO(最高技術責任者)採用のポイントとは? 採用メリットから求人方法までご紹介

CTOは「Chief Technology Officer」もしくは「Chief Technical Officer」の略。最高技術責任者と訳される。技術関連業務の執行責任を持ち、企業内で技術戦略を立てる役割を持つ。 そもそもCTOは必要なのか、採用するメリットとは、採用方法にどんな選択肢があるか、などCTO採用に関する関心事を網羅的に紹介。

藤田 圭輔 / ライブドア事件対応を乗り越え、ベンチャー&スタートアップ支援に伴走し続ける社外パートナーCFO

藤田 圭輔はイノセラの代表取締役。社外パートナーCFOとして外部からベンチャー・スタートアップ支援を行う。ベンチャー企業数社で管理部門責任者兼担当者として積んだ広範なコーポレート分野の実務経験が強み。IPO・M&A等にも明るく、成長志向ベンチャーでのオーナー経営者直下経験も豊富で、評論家ではなく実務家としての強い味方。

CIO(最高情報責任者)採用のポイントとは? 採用メリットから求人方法までご紹介

CIOとは「Chief Information Officer」の略で、最高情報責任者の意である。文字通り情報戦略における最高責任者であり、一般的にイメージしやすい情報資産やシステム、IT部門等の管理・活用という役割を持つ。また、経営レイヤーとしてそれらのテクノロジーを活かした経営戦略の策定やIT投資の執行などもCIOの役割である。

山本 賢 / 伊藤忠・A.T.カーニーを経て、アマナ人事部長・HEROZ人事責任者など要職を歴任。経営パートナーとしての貢献とインパクトを重視する戦略人事

この記事では山本 賢(やまもと けん)に関する情報をまとめています。山本 賢の概要人事コンサルタント。新卒入社した伊藤忠商事以降、新卒・中途採用、組織開発・人材開発・研修、人事制度企画・運用(…

ページ上部へ戻る