CIO / 情シス

CIO(最高情報責任者)採用のポイントとは? 採用メリットから求人方法までご紹介

CIOとは「Chief Information Officer」の略で、最高情報責任者の意である。文字通り情報戦略における最高責任者であり、一般的にイメージしやすい情報資産やシステム、IT部門等の管理・活用という役割を持つ。また、経営レイヤーとしてそれらのテクノロジーを活かした経営戦略の策定やIT投資の執行などもCIOの役割である。

佐藤 大典 / 開発だけでなく組織づくりや文化形成にも力を発揮、アスクルの敏腕エンジニアリングマネージャー

アスクルのエンジニアリングマネージャー。同社運営するのBtoC向けECサービス「LOHACO」の開発に従事。前職のEMTGでチームリーダー、アプリ開発部長、戦略開部長を歴任した後、現職。新規事業の立ち上げの開発リード、スクラムマスターや開発組織マネジメントを得意とする。

長谷川 秀樹 / 元メルカリ執行役員CIO・元東急ハンズ執行役員CIO、情報システム設計のプロフェッショナル

ロケスタ代表であり、メルカリ執行役員CIO(最高情報責任者)。アクセンチュアを経て、東急ハンズ入社。情報システム部門、物流部門、通販事業の責任者として改革を実施。2011年には同社執行役員、 2013年には子会社のハンズラボを立ち上げ、代表取締役社長に就任した経歴をもつ。

ページ上部へ戻る