CTO

CTO(最高技術責任者)採用のポイントとは? 採用メリットから求人方法までご紹介

CTOは「Chief Technology Officer」もしくは「Chief Technical Officer」の略。最高技術責任者と訳される。技術関連業務の執行責任を持ち、企業内で技術戦略を立てる役割を持つ。 そもそもCTOは必要なのか、採用するメリットとは、採用方法にどんな選択肢があるか、などCTO採用に関する関心事を網羅的に紹介。

西川眞史 / 上場企業からベンチャー企業まで多数企業のIT化を支援したDX先導者。デジタル技術を使った新規事業立ち上げに強み。

西川眞史は、株式会社キュービット代締表取役。 大学卒業後、IT系ソリューション会社に入社。パソコン講師やプロバイダでのサポート業務を経て、23歳で起業、株式会社キュービットを設立する。創業初期には、飲料水メーカー、自動車メーカなどの大手企業のオンラインキャンペーンを中心に、数多くのデジタルを駆使したイベント集客を企画・設計。リーマンショック後は、ECサイトやWebサービス構築などに主軸を移し、2018年にその事業をパソナデジタルソリューションズに事業売却。以降現在に至るまで、コンサルティング業務を中心に行っている。

CTO(最高技術責任者)とは? 役割/年収/キャリア/採用方法を解説

CTO(Chief Technology Officer、あるいはChief Technical Officer)、「最高技術責任者」と訳されるこのポジションは、企業の技術部門の総責任者・担当役人を指し、日本においては特に2000年代以降に設置率が高まっている。 現代の企業経営不可欠なCTO人材について、その職責やキャリア、年収、採用の方法まで網羅的に解説する。

渡邉 信之 / 元GDO本部長。IT事業責任者経験10年以上、ビジネスとITを行き来する実行型CTO

UnByte代表取締役兼フリーランスCIO。20年間ITに携わり、ITベンダーでの経験を経て、ゴルフダイジェスト・オンラインにて、CTO、新規事業の事業責任者を務め、新規事業立案から実行まで一貫して遂行した経験を武器に、ITコンサルティング、プロジェクトマネジメント、各種戦略立案、事業企画を支援。

ページ上部へ戻る