坂本 俊輔 / GPTech代表・政府CIO補佐官、不足するCIOのシェアリングを推進

画像出典:BigLife21
この記事では坂本 俊輔(さかもと しゅんすけ)に関する情報をまとめています。

坂本 俊輔の概要

坂本俊輔は、株式会社グローバル・パートナーズ・テクノロジーの代表取締役社長でITストラテジスト。
事業ビジョンに基づくシステム企画や構想策定、業務改革、業務要件定義、システム導入におけるユーザーサイドのプロジェクトマネジメントを専門領域とする。

東京大学を卒業後、エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社入社。公共機関向け情報システムの企画提案業務に従事。

2006年2月、株式会社サイワークス入社。コンサルタントから取締役に就任し、IT調達の支援に注力。2010年にIT調達支援事業をMBOで取得すると、株式会社グローバル・パートナーズ・テクノロジー(GPTech)を設立し独立。
「システム納入で売上を立てない」「システム会社から発注を受けない」をポリシーとし、一環したITユーザー企業の体制強化を支援。また、「本当にITユーザー企業の組織の一員としてIT施策を推進する立場」を担いたいと考え、政府CIO補佐官に就任。

2019年9月、「コンサルタントが、より事業にコミットした働き方をしていくこと」「事業会社内のIT人材が、より幅広い企業に対してバリューを提供すること」を目指し、CIOシェアリング協議会を設立。

2019年11月、CIOシェアリング協議会の設立をきっかけに、これまで「CIO的」立場でアドバイザリ契約をしていた株式会社カーチスホールディングスの非常勤CIOに就任。

現在の勤務先と役職

株式会社カーチスホールディングス 非常勤CIO

2019年11月~現在
株式会社カーチスホールディングスは、東京都千代田区に本社を置く持株会社。全国で中古車の買取・販売店「カーチス」を展開する、株式会社カーチスを子会社に持つ。

CIOシェアリング協議会 理事

2019年9月~現在


CIOシェアリング協議会は、企業のIT投資の成功のため、CIO系人材がより活躍できる社会の実現を目指し設立された任意団体。メルカリCIO 長谷川 秀樹 も理事として参加している。

長谷川 秀樹 / メルカリ執行役員CIO、元東急ハンズ執行役員CIO・ハンズラボ社長も務めた情報戦略のプロフェッショナル

CIOシェアリングとは、CIOが企業に専属で雇用されるのではなく、顧問のような形で、適切なタイミングでCIOとしての知見を各企業に提供することと定義している。同協議会は、より多くの企業におけるITの投資戦略や情報利活用の実践と普及のためCIOシェアリングの認知普及活動を行っていくとのこと。

政府CIO補佐官

2017年4月~現在

政府CIO補佐官は、政府CIOを中心とした政府のITガバナンスにおいて重要な役割を担っており、ITに関するその専門的な知見に基づき政府CIO及び各府省CIOの取組みを支援することにより、政府全体又は各府省における電子行政の高度化・効率化・合理化等に大きく貢献している。

政府CIOポータルより)

株式会社グローバル・パートナーズ・テクノロジー 代表取締役社長

2010年8月~現在
株式会社グローバル・パートナーズ・テクノロジーは、東京都千代田区に本社を置くコンサルティング会社。CIO支援サービス、IT調達支援サービス、IT事業立案支援サービといったCIOアウトソーシング事業を展開。略称はGPTech。

過去の職歴

株式会社サイワークス COO

2006年2月~2010年8月
株式会社サイワークスは、東京都渋谷区に本社を置くコンサルティングファーム。

エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社

2002年4月~2006年1月
エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社は、東京都港区に本社を置くユーザー系システムインテグレーター。NTTグループ主要8社のひとつであり、NTTグループのシステム開発が主要事業。

経歴(もしくは学歴)

1998年~2002年 東京大学 機械情報技術 学士
1995年~1998年 開成高校

坂本 俊輔に関するニュース(インタビュー)

坂本俊輔に関するニュース(インタビュー)を集めました。

CIOシェアリング協議会が発足。いま求められるCIO人材像とは

画像出典:BigLife21

中堅企業では社内IT部門の担当者レベルのリソースも不十分である。そのため、戦略レベルだけでなく、個別システムの要件定義の管理・推進 などにも対応ができ、場合によっては自ら手を動かせる人材であることが必要だ。

(2019年11月1日 BigLife21より)

IT戦略面から実行支援。GPTech、「CIOアウトソーサー」提供開始

画像出典:BPO/RPA総研

株式会社 グローバル・パートナーズ・テクノロジー(以下「GPTech」)は、2019年1月31日、企業における持続的なIT体制強化を実現するサービス『CIOアウトソーサー』の提供を開始した。

(2019年2月5日 BPO/RPA総研より)

スケジューリングによって合理性のあるテレワークを実現

インタビューに答える坂本氏の様子

画像出典:スマートワーク総研

日本の多くの中堅企業にとって、継続的にIT戦略を立て、実践していくのは難しい作業だ。こうした企業をCIO(最高情報責任者)的な立場で支援し、ITでサポートしていく企業が株式会社 グローバル・パートナーズ・テクノロジーだ。同社がテレワークを本格的に導入した経緯やその成果について聞いた。

(2019年3月20日 スマートワーク総研より)

IT取引の問題を是正するために社長へ

画像出典:情熱社長

今の地位に就く前は、私は別の企業で役員を勤めておりました。
現在は弊社の代表ですが、もともと、私は社長になること自体は全く目標としていたわけではありませんでした。

情熱社長より)

坂本 俊輔のソーシャルアカウント

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/shunsuke-sakamoto-71b6a089/
Facebook:https://www.facebook.com/shunsuke.sakamoto1


この記事の内容は、2019年11月17日時点での編集部調査に基づくものです。
記事の内容に誤りや更新すべき内容等あれば、編集室までお知らせいただけますと幸いです。

written by シマダ

カテゴリー