工藤 崇志 / 司法浪人からのサバイバー、自由なエンジニア組織を率いるUZUMAKIのボス

稼働状況
iOS・ウェブアプリケーション開発、アプリ・ウェブデザイン、会社ロゴ・名刺制作、IoTに関する相談受けられます。2019/06/05

(画像出典:株式会社UZUMAKI ホームページ)

この記事では工藤 崇志(くどう たかし)に関する情報をまとめています。

工藤 崇志の概要

工藤 崇志はアプリケーションエンジニア。UZUMAKI代表。

大学卒業後、弁護士を目指し2005年より日本生命相互会社、2009年よりThomson Reuters Legal (Westlaw Japan) にて営業職としていずれも好成績を残しつつ、夜間の法科大学院に通う。しかし、iPhoneとスマホアプリの可能性に衝撃を受け、アプリ開発に興味をもちプログラムの世界へ。

2012年より株式会社RON、2013年12月より株式会社SIエージェンシー(現SIA株式会社)にてエンジニアとし勤務しBtoC、BtoBの開発に従事した後、個人事業主として独立。
独立後はQuipper Ltd(受験サプリの立ち上げに関わる)、株式会社ミクシィ(チケット流通アプリや、YYC、Poiboyなどマッチングアプリの開発を担当)でBtoCのアプリプロダクトに広く関わりエンジニアとしての経験を重ねながら、個人でもアプリ開発やエンジニアコミュニティ運営などを実践。

その中で新しい働き方の必要性に気づき、それを実現するコミュニティとして2018年に株式会社UZUMAKIを設立した。

現在の勤務先と役職

株式会社UZUMAKI 代表取締役

2018年4月〜現在

株式会社UZUMAKIは、エンジニア、デザイナー、ディレクターなどが所属し、
ウェブシステム、ウェブサイト、ウェブコンテンツ、スマートフォンアプリなどの企画開発、ウェブや名刺デザイン、オンラインサロンの会員情報管理や決済システムなどのサービスを提供する。

メンバーはそれぞれ個人事業主や、副業が許されているプロフェッショナルであり、
コミュニティとして繋がり技術や知見のシェアをしながら、プロジェクトに応じてチームを組むという一種のギルド形式をとっているのが特徴。

また、代表自身が未経験からエンジニアに転向する中で様々な人との技術や知見のシェアによってスキルを磨いてきた実体験から、
エンジニアを目指す人向けの勉強会なども積極的に開催している。

過去の職歴

個人事業主(AllocInit) エンジニア

2015年2月1日〜2018年
個人事業主として独立。

Quipper Ltd(現在受験生の2人に1人が利用する、スタディサプリの立ち上げに関わる)、
株式会社ミクシィ(チケット流通アプリや、YYC、Poiboyなどマッチングアプリの開発を担当)でBtoCのプロダクトに広く関わりエンジニアとしての経験を重ねながら、
個人でもアプリ開発やエンジニアコミュニティ運営などを実践。

株式会社SIエージェンシー(現SIA株式会社) エンジニア

2013年12月1日〜

システム開発会社として2003年に設立。WEBシステム開発、業務・管理システム開発、ネットサービスの立ち上げやリニューアルの企画、デザイン、開発、運用のサービスを提供。

株式会社RON エンジニア

2012年8月1日〜

株式会社RONは、ネットショップを中心とした雑貨やスポーツ用品の輸入、企画、販売代理店。

Thomson Reuters Legal (Westlaw Japan)  営業

2009〜2012年

Thomson Reuters Legal (Westlaw Japan) は、2006年、トムソン・ロイター社(Thomson Reuters)傘下のトムソン・ウエスト新日本法規出版株式会社の出資によって設立された。
トムソン・ロイター社傘下のトムソン・ウエストは、米国最大手の法律情報サービス会社として、オンライン法律調査とデータベースを閲覧できるサービス「ウエストロー」を運営。

日本生命相互会社 営業

2005〜2008年

日本生命保険相互会社は、大阪市中央区に本社を置く日本の生命保険会社。保有契約高・保険料収入では最大手である。

経歴 (学歴)

立命館大学法学部(2002年卒)

実績

クラウドファンディングのプラットフォームIndiegogoにて資金を集め、IoTプロダクトを開発


中国・深圳で出会ったメンバーを中心にIoTプロダクトClooudieを開発。クラウドファンディングプラットフォームIndiegogoに出店。

Quipper Ltdにて、スタディサプリ(旧受験サプリ)の立ち上げに関わる。


現在受験生の2人に1人が利用する、スタディサプリ(旧受験サプリ)の立ち上げにiOSエンジニアとして参画。

株式会社ミクシィにて、チケット関連アプリ、マッチングアプリ開発を担当。


株式会社ミクシィにてチケットキャンプの開発を担当後、「Poiboy」「YYC」などのマッチングアプリのiOS開発を担当。広くBtoCのプロダクト開発を手がける。

自身でiOSエンジニアコミュニティを立ち上げ・運営。


新しい働き方の中で「技術をシェアしあう」ことが非常に重要であると、自身の経験(異業種・異職種からのエンジニア転向)から考え、
Swift読書勉強会というiOSエンジニアコミュニティを主催。100人以上が参加するコミュニティに育てる。(現在も株式会社UZUMAKIとして運営継続中。)

工藤 崇志に関するニュース、インタビュー

工藤 崇志に関するニュースやインタビューを集めました。

会社員でもフリーランスでもない「ギルド型組織」という働き方多様化するニーズを満たす、クリエイターネットワークの価値

(画像出典:logmiBiz

会社に所属しながら、複業として他社のプロジェクトに参加したり、同じ価値観を持ったフリーランスが集まって大きな仕事にチャレンジしたりと、従来の枠組みには収まらない働き方が生まれる昨今。これからは「会社員だから」でも「フリーランスだから」でもない、自分らしい働き方とはなにかを求められるようになります。このイベントには、そんな自分らしい働き方を実践している人たちが登壇。本記事ではパネルセッション前半の自己紹介パートを中心にお送りします。(2019年5月24日 logmiBiz

工藤 崇志のソーシャルアカウント

Facebook:https://www.facebook.com/kudo.takashi.5

Twitter:https://twitter.com/ToraDady

 

カテゴリー