家本 省次郎 / 元寺田倉庫執行役員、国内外の関連企業で経験を積んだ不動産領域のプロ

この記事では家本 省次郎(いえもと しょうじろう)に関する情報をまとめています。

家本 省次郎の概要

株式会社KIWA・シナジー・アセット代表取締役、株式会社ユニコーン執行役員を兼務。過去には、寺田倉庫株式会社で執行役員も務めた。豊富な不動産の知識と経験をもとにコンサルティングを行うほか、スタートアップ企業にも参画する。

大学卒業後、株式会社西洋環境開発に入社し、都市開発事業部およびビル事業部、住宅事業本部を経験。

株式会社ラウンドワンで東京開発室係長を務めた後、株式会社パルコ入社。店舗開発を経て、プロパティ・マネジメント担当に。部長を除いて兼務が認められなかった同社において、異例の兼任新規事業担当としても活躍。

その後、外資系不動産私募ファンドMGPA Japan LLC(現・ブラックロック・ジャパン株式会社)では、アセットマネジメントに従事。不動産バリューの向上の為にプロパティ・マネジメントに係る質の効率化とビルマネジメントの効率化によって委託料等年間2億円の削減を実現。

外資系不動産ファンドのAsia Pacific Land (Japan)VicePresidentを務めた後、2012年、寺田倉庫株式会社にて執行役員に就任。不動産部門を管掌し、寺田倉庫に係る不動産全般のマネージメント(開発、管理、営業)を行った。

2015年5月、不動産業、不動産コンサルティングを行う株式会社KIWA・シナジー・アセットを設立。代表取締役に就任。翌6月には、株式会社ユニコーン設立に参画し、取締役を務める。

このほか、株式会社タイソンズアンドカンパニーの不動産担当顧問を務め、株式会社DOAが運営するパーソナルスポーツジムB.E.A.Tの設立などにも携わる。

【資格】
・内部管理責任者
・一種外務員
・宅地建物取引士
・日本不動産仲裁機構ADRセンター調停人
・競売不動産取扱主任者
・賃貸不動産経営管理士

現在の勤務先と役職

株式会社KIWA・シナジー・アセット 代表取締役

2015年5月~現在

株式会社KIWA・シナジー・アセットは、2015年設立。不動産業、不動産コンサルティング事業を営む企業。

家本は、代表取締役を務める。

株式会社ユニコーン 執行役員

2015年6月~現在

株式会社ユニコーンは、株式投資型クラウドファンディング「Unicorn」の運営、スタートアップ企業を新たな資金調達手法で支援する企業。資本金2億3000万円(資本準備金含む)。

家本は、設立時より参画。執行役員を務める。

過去の職歴

株式会社DOA

2015年6月〜2018年1月

株式会社DOAは、トレーニングジム施設の運営・運動指導事業を展開する企業。

家本は、パーソナルスポーツジム 「B.E.A.T」設立に参画。運営面でのサポートを行う。

株式会社タイソンズアンドカンパニー 不動産担当顧問

2015年6月~2016年5月

株式会社タイソンズアンドカンパニーは、飲食店経営、ビール製造、ケータリング事業、およびコンサル事業を行う会社。家本は不動産の担当顧問として参加。

家本は、不動産担当の顧問を務めた。

寺田倉庫株式会社  執行役員

2012年10月~2015年6月

寺田倉庫株式会社は、不動産事業と倉庫事業を行う企業。東京都臨海部の天王洲アイルに本社を置く。資本金1億円、社員数100名。

家本は、執行役員として不動産部門を管掌。寺田倉庫に係る不動産全般のマネージメント(開発、管理、営業)を行う。

Asia Pacific Land (Japan) limited:Vice President(リテール担当部長)

2011年3月~2012年4月

Asia Pacific Land(APL)は、不動産の投資・開発、プライベート・エクイティを手掛けるアセット・マネジメント企業。

家本はそのVice Presidentを務め、23000坪を誇る「サンストリート亀戸」など、マルチテナント商業施設3物件を統括。

MGPA Japan LLC アセットマネジャー

2007年10月~2010年12月

MGPA Japan LLC(現・ブラックロック・ジャパン株式会社)は、不動産ファンド事業を営む会社。2013年にブラックロックにより買収。

家本は、取得に向けた物件情報の収集からデューデリジェンス、取得後のアセットマネジメントまでMGPA Japanにおけるリテール分野に関する業務全般を担当。

担当案件において、PM業務見直し、BM業務見直しによる運営管理に係る質の効率化と設備の効率利用により委託料等年間2億円の削減を実現した。

株式会社パルコ 新規事業担当 / 課長

2002年7月~2007年9月

株式会社パルコにおける略歴

2006年3月~2007年9月 プロパティ・マネジメント局内にて新規事業担当を兼務
2004年3月~2007年6月 プロパティ・マネジメント局
2002年7月~2004年2月 店舗開発局

株式会社パルコは、ファッションビル「PARCO」をはじめとした商業施設を展開する企業。大丸松坂屋百貨店などを運営するJ. フロント リテイリング株式会社の子会社。東証1部上場。資本金343億67百万円(2019年2月28日現在)。

家本は、店舗開発局において、「浦和PARCO」の物件情報の取得および事業推進に携わり、ストラクチャーやラフテナント構成を検討。

その後、プロパティ・マネジメント局へ配属。他社SC事業への協力やMD計画立案などを担当。2006年3月、部長を除いて兼務が認められなかった同社において、異例のプロパティ・マネジメント兼新規事業担当に抜擢される。プロパティ・マネジメント受託案件の情報取得、投資案件の情報取得および検討に従事。

また、次世代のパルコ経営者を育成する目的でプログロムされたPBC(パルコビジネスカレッジ)の2期目にも選抜され、3年間の研修に参加。

株式会社ラウンドワン 東京開発室係長

1998年2月~2001年12月

株式会社ラウンドワンは、大阪府大阪市中央区に本社を置くボウリング・アミューズメント企業。東証1部上場。日本国内に104店舗・同国外に32店舗を出店している(2019年6月9日現在)。資本金250億2千百万円(2019年3月31日現在)。

家本は東京開発室係長として、「ラウンドワン大宮店」「ラウンドワン横浜駅前店」「ラウンドワン綱島店」「ラウンドワン蕨店」「ラウンドワン大宮店」の店舗開発、建築管理及びコスト調整などを担当。

株式会社西洋環境開発 ビル事業部横浜担当チーフ

1989年4月~1998年1月

株式会社西洋環境開発における略歴

株式会社西洋環境開発は、住宅事業、リゾートレジャー事業、都市開発事業を展開していたセゾングループのディベロッパー。

家本は、都市開発事業部及びビル事業部、住宅事業本部に配属され、オフィスビルのテナント営業や集合住宅の商品計画策定など開発推進を担当。1993年には、ビル事業部横浜担当チーフに。

経歴  (学歴)

1964年生まれ
1989年 青山学院大学経済学部 卒業

家本 省次郎のソーシャルアカウント

家本 省次郎のソーシャルアカウントの情報はありません。