風間 公太 / 無印良品SNSを人気アカウントに押し上げたソーシャルメディアマーケの先駆者

この記事では風間 公太(かざま こうた)に関する情報をまとめています。

風間 公太の概要

株式会社顧客時間のチーフプランナー/広報統括。また、フリーランスのソーシャルメディアスペシャリストとしても、複数企業のソーシャルメディアアカウントの運用支援などを行う。

ESPミュージカルアカデミー(現・ESPエンタテインメント東京)劇団四季(四季株式会社)の広報・宣伝担当を経た後、2007年に株式会社良品計画入社。コミュニケーション担当として、ソーシャルメディア黎明期に無印良品の公式Twitter、Facebook、Instagramアカウントを開設。運用手腕を発揮し、フォロワー400万人を超える人気アカウントにまで成長させた。

また、モバイルアプリ運営によるオムニチャネル戦略推進、グローバルブランディングなど、無印良品のデジタルマーケティング全般に携わる。CRMアプリ「MUJI passport」は、4年間で累計1,000万ダウンロードを記録。

2019年4月より、フリーランスのソーシャルメディアスペシャリストとしての活動を開始し、株式会社顧客時間にチーフプランナー/広報統括として参画。株式会社エンゲージメント・ファースト株式会社グローカルでも、ソーシャルメディア運用支援に従事。

また、Agenda noteにて顧客基点の「ソーシャルメディア戦略」、日経クロストレンドにて風間公太「企業がSNSを続ける理由」と、SNSの活用戦略に関するWeb連載をするなど、活動は多岐に渡る。

現在の勤務先と役職

株式会社顧客時間 チーフプランナー/広報統括

2019年4月〜現在

株式会社顧客時間は、大阪市北区に本社を置くコンサルティング会社。岩井琢磨と、「MUJI passport」開発で知られる奥谷孝司が共同CEOを務める。企業の「チャネルを基点とした事業変革」を支援する。

風間は、エンゲージメント構築、ロイヤルティプログラム設計とCRMプログラムのノウハウを用い、企業のオムニチャネル推進やDigital Transformationを支援する。

エンゲージメント・ファースト Chief Social Media Officer

2019年4月〜現在

株式会社エンゲージメント・ファーストは、東京都中央区に本社を置くコンサルティング会社。「共有価値創造代理店」として、クライアントと顧客との共有価値の創造を支援。マーケティング効果の最大化に協力する。

株式会社グローカル Social Media Marketing Specialist

2019年4月〜現在

株式会社グローカルは、東京都渋谷区に本社を置く経営コンサルティング会社。地域経済を支える中核企業経営者の参謀として、 「売上伸長」から「組織強化」まで一気通貫で支援する。

過去の職歴

株式会社良品計画 WEB事業部コミュニケーション担当 課長代行

2007年3月〜2019年3月

株式会社良品計画は、東京都豊島区に本社を置く専門小売企業。国内の無印良品や海外のMUJIブランドを展開。店舗で販売される家具、衣類、食品などの商品はすべてプライベートブランドである。2019年には、ホテル1号店「MUJI HOTEL GINZA」を銀座にオープン。


風間はコミュニケーション担当として、TwitterをはじめとするSNSアカウントを開設。フォロワーは400万人を超える規模となった。また、CRMアプリ「MUJI passport」や睡眠アプリ「MUJI to Relax」などのモバイルアプリも運営し、デジタルマーケティング全般の企画運営に携わる。

四季株式会社 広報・宣伝

2005年12月〜2007年2月

四季株式会社は、劇団四季を運営する演劇興行会社。神奈川県横浜市に本社を置く。劇団創設は1953年、1967年に法人化。年間公演回数は、3000回以上を誇る。風間は、「キャッツ」「クレイジー・フォー・ユー」「コンタクト」「鹿鳴館」など、ミュージカル/ストレートプレイの宣伝・PR業務に従事。

学校法人イーエスピー学園 宣伝・PR

1998年4月〜2005年12月

東京都新宿区に本部を置く学校法人。楽器製造事業、音楽教育事業などを柱とする株式会社イーエスピーの教育部門を担い、東京・高田馬場に専門学校ESPエンターテインメント東京、専門学校ミュージシャンズ・インスティテュート東京、大阪・梅田に専門学校ESPエンターテインメント大阪、福岡・福岡市に専門学校ESPエンターテインメント福岡の4校の専修学校を設置。EXILEのメンバーなど、音楽・マスコミ業界に人材を輩出する。

風間は、ESPエンターテインメント東京の前身であるESPミュージカルアカデミーにて、宣伝・PR・マーケティング業務、教務での業務に従事した。

経歴

1994年 東海大学文学部英文学科 中退

実績

リツイート5万件!一晩で話題沸騰、投稿から3日で売上が2.5倍に


画像出典 : PRSIDENT WOMAN

風間は、良品計画のTwitterとFacebookの運用を開設当初から担当。ウェブを通じ、消費者と「握手する」感覚で企業広報に取り組んだ。企業とフォロワーの距離を近くすることを意識すると同時に、両者の控えめな距離感を守ることで生み出されたトレンドやユーモアの効いた表現は多数のフォロワーの心をキャッチした。

デスクノートに関する投稿は5万件を超えるリツイートを記録し、マグカップ型フォンデュはリツイート効果で売上が3日で2.5倍となった。

日経デジタルマーケティング 第1回「デジタルマーケティング100」1位

画像出展:日本経済新聞

2017年、日経BP「日経デジタルマーケティング」が実施した「デジタルマーケティング100」第1回において、2位のマクドナルド、3位のユニクロを抑え、無印良品が1位に輝いた。

スマートフォン向けアプリ「MUJI passport」、Instagram活用が奏功。アプリでは新商品や店舗のイベント情報などを伝える「from MUJI」を始めたことで、利用頻度が大幅に向上。アクセス数ではアプリがWebサイトを抜き、アプリ利用者は顧客単価が非利用者の1.5倍と売り上げにも貢献した。

また、Instagramは利用開始から2年でフォロワー数がTwitterを超え、最もエンゲージメント率の高い無印良品公式SNSとなった。(参考:日経BPプレスリリース

風間 公太に関する記事・インタビュー

風間 公太に関する記事・インタビューを集めました。

無印良品「中の人」風間氏が奥谷氏と合流 チャネル変革を支援

画像出典:日経XTREND

「無印良品」の「中の人」として活躍していた風間公太氏が4月、「MUJI passport」開発で知られる奥谷孝司氏と岩井琢磨氏が率いる顧客時間(大阪市)に合流した。すご腕マーケターは新天地で何を目指すのか。

(2019年6月4日 日経XTRENDより)

ソーシャルメディアで大事なのは顧客と握手をするような距離感


画像出典 : Agenda note

無印良品のFacebookやTwitter、Instagramなどのソーシャルメディア戦略を担っていた、顧客時間の風間公太氏による連載「顧客基点のソーシャルメディア戦略」がスタート。企業のソーシャルメディア担当者が抱える悩みを解決する手がかりを提供していきます。

(2019年5月20日 Agenda noteより)

風間 公太のソーシャルアカウント

Facebook:https://www.facebook.com/kazamatrix
Linkedin:https://www.linkedin.com/in/%E5%85%AC%E5%A4%AA-%E9%A2%A8%E9%96%93-3b191141/