中島 郁 / トイザらス・ショップチャンネル・三越伊勢丹など大規模EC責任者を経験、事業創出のスペシャリスト

GLOBIS 知見録

この記事では中島 郁(なかしま かおる)に関する情報をまとめています。

中島 郁の概要

ネクトラス株式会社代表取締役。新規事業コンサルタント、EC・オムニチャネルコンサルタント、経営コンサルタント。1995年からECに関わり、日本トイザらス株式会社ジュピターショップチャンネル株式会社三越伊勢丹ホールディングスの3社において、大規模EC・オムニチャネルの責任者を経験。

新卒で入社したベンチャー企業で複数の新規事業立ち上げを経験後、米国バブソン大学の大学院に留学。経験を裏づける学問を体系的に学び直した。帰国後はITベンチャーなどを経て、1999年に日本トイザらス株式会社のマーケティング部門責任者として入社。翌年にはEC専業法人「トイザらス・ドット・コム ジャパン」を立ち上げた。

2002年からは、テレビショッピング最大手であるジュピターショップチャンネル株式会社の執行役員本部長に就任。テレビ放送と連動するECを立ち上げ、成功させた。

その後、世界最大のEC支援企業GSI  Commerce(現eBey  enterprise)の日本法人取締役社長を経て、2012年にはネクトラス株式会社を創業。同年、コンサルタントとして関わった三越伊勢丹グループのWEB事業部長兼役員に就任する。グループのデジタルビジネス整備に携わり、2013年にはニュースメディアを運営する株式会社ファッションヘッドラインの設立に関与、取締役を務めた。

現在は、経営コンサルタントとしてクライアントの内部でクライアントと共に取り組むスタイルでの新規事業、組織立ち上げの支援などを行う傍ら、各地での講演活動、講師、メンターとしての役割も精力的にこなしている。

新卒で入社したベンチャー企業での新規事業の立ち上げ経験は、その後数々の実績のベースとなり、数多くの新規事業立ち上げの実績から、企業内起業家と呼ばれることもある。

現在の勤務先と役職

ネクトラス株式会社 代表取締役

2012年~現在

ネクトラス株式会社は、2012年にコンサルティング会社として設立。東京都世田谷区に本社を置く。ベンチャーから大企業まで規模を問わず、新規事業支援やマーケティング戦略立案サポート、EC・オムニチャンネル推進などの経営コンサルティングを行なっている会社。

過去の職歴

株式会社ファッションヘッドライン 取締役

2013年~2017年

株式会社ファッションヘッドラインは、2012年に三越伊勢丹ホールディングスとイードの合弁会社として設立された。資本金1億円。ファッション総合ニュースサイト「FASHION HEADLINE」に代表される各種メディアの運用と制作、システム開発、市場調査などを行なっている。

中島は、三越伊勢丹の役員として設立時より関与、2013年からは取締役を務めた。

三越伊勢丹ホールディングス 役員兼WEB/EC事業部長

2012年~2017年

三越伊勢丹ホールディングスは、東京都新宿区に本社を置く。資本金508億円。三越伊勢丹をはじめとする百貨店業、不動産業などを行う持株会社。

中島は、三越伊勢丹グループでの新規事業立ち上げ、プラットフォーム事業のコンサルタントとして就任。その後、役員兼WEB/EC事業部長に就任。グループのデジタルビジネス体制整備、EC・オムニチャンネル推進を担当し、2つの大型ECサイトのシステム統合、ラグジュアリーEC、越境EC構築、オウンドメディアの開始など、大きな役割を果たした。

GSI Commerce(現eBay enterprise)アジアパシフィック代表兼日本法人代表取締役社長

2010年~2012年

GSI Commerceは、世界最大のEC支援企業。実店舗型のブランドと連携し、EC技術や電子商取引処理、マーケティングサービスなどを提供する。2011年のeBayによる買収で、eBay enterprise に名称変更した。

中島は、GSI Commerceが日本およびアジア太平洋地域全体の拠点を立ち上げる際に代表を任され、グローバル企業のECのアジア進出を支援した。

ジュピターショップチャンネル株式会社  執行役員本部長

2002年~2010年

ジュピターショップチャンネル株式会社は、CATV放送、インターネット、カタログ等の媒体を通して通信販売を展開する「ショップチャンネル」の運営会社。

中島は、執行役員 本部長としてEC、テレビ編成、マーケティングを所管。テレビ放送、コールセンターと連動する国内最大のテレビショッピングのECを立ち上げ、会社の成長に貢献した。

日本トイザらス株式会社 マーケティング責任者

1999年~2002年

日本トイザらス株式会社は、神奈川県川崎市に本社を置く玩具・ベビー用品販売会社。1989年に米国トイザらス社と日本マクドナルド社の合弁により設立された。

中島は、新設されたマーケティング部門の責任者として入社。大規模調査や会員100万人の連携カードから得られたデータを活用、既存の手法を見直し、新しいマーケティング戦略を実施した。2000年には、US本社直轄としてEC専業法人である「トイザらス・ドット・コム ジャパン」を設立。店舗連動も含め、サイトの立上げから成長まで導き、該当カテゴリーでの国内No.1を達成した。

経歴  (学歴)

1995年 米国バブソン大学 経営管理学修士。起業学No.1MBAコースにて、起業学、マーケティング、マネジメントを専攻

実績

一般財団法人 ネットショップ能力認定機構 認定講師、一般社団法人 通販エキスパート協会 認定スペシャリスト

ネクトラス株式会社 代表取締役 中島郁氏

画像出典:ネットショップ担当者フォーラム

一般財団法人ネットショップ能力検定機構 認定講師、一般社団法人通販エキスパート協会 認定スペシャリストなど、EC・オムニチャネルや起業に関わる各種団体で講師を務め、公式テキストを執筆するほか、各地で積極的に講演を行なっている。

著書

「改訂版ネットショップ検定 公式テキスト-レベル1対応」

出版社: 日本能率協会マネジメントセンター(2016/7/15)

能力認定機構(著)に参加(2016/7/15)

ネットショップ検定は、Eコマース業界での実務能力を証明する資格「ネットショップ実務士」になるための検定試験です。本書は、ネットショップ運営の基礎知識が体系的に学べるネットショップ実務士レベル1に対応。オペレーション、web制作、プロモーション分野が網羅され、「現場ですぐ使える知識」が収録されています。就・転職、ネット副業で成功したい人向けの唯一の公式テキストです。

中島 郁に関するインタビュー

中島 郁に関するインタビューを集めました。

【対談】EC黎明期からベンチャーで経験を積み、トイザらス、ジュピターショップチャンネルを経て三越伊勢丹のEC事業へ 中島 郁×川添 隆(第1回)


画像出典:MIMIR EXPERT RESEARCH

黎明期からEC業界に携わり、トイザらス、ジュピターショップチャンネル、三越伊勢丹において、大規模EC、オムニチャネルの事業責任者を務めてきた中島郁氏。そして、アパレルブランドなど様々な企業のEC事業の責任者や企業再生を経験し、現在はメガネスーパーをはじめとする7社を束ねる五感創造企業ビジョナリーホールディングスの執行役員 兼 デジタルエクスペリエンス事業本部本部長を務める “ECエバンジェリスト”川添 隆氏。小売・流通業界におけるデジタルシフト最前線に携わる二人の対談をお送りします。

第1回は、国内でも数少ないEC立ち上げのプロフェッショナル中島氏のキャリアについて伺いました。

(2018年11月8日 MIMIR EXPERT RESEARCHより)

ネクトラス株式会社 代表取締役 中島郁氏

画像出典:ネットショップ担当者フォーラム

トイザらス、ジュピターショップチャンネル、三越伊勢丹の3社において、大規模EC・オムニチャネルの事業責任者として長らく通販・EC業界に携わってきた中島郁氏。今後、コンサルタント(ネクトラス株式会社 代表取締役)として、新規事業立上げや急成長ビジネスの企業支援や後身の育成を行っていくという。

なかでも、事業責任者を大規模ECサイト3社で経験した知見を今後の通販・EC業界に伝えるため、中島氏はネットショップ担当者フォーラムで新連載「EC部長が担当者に読んでもらいたいこと」を8月末にスタートする。連載スタート前、中島氏にこれからのこと、これまで携わってきたことなどをインタビューした。

(2017年8月23日 ネットショップ担当者フォーラムより)

中島 郁のソーシャルアカウント

Facebook:https://www.facebook.com/nakashimak
Twitter:https://twitter.com/nectoras_inc
Twitter:https://twitter.com/naKashima
note:https://note.com/nakashimak
Linkedin:https://www.linkedin.com/in/nakashimak/?locale=ja_JP