村上 茂久 / 銀行出身のスポットCFO、多くのスタートアップを支援

稼働状況
起業や新規事業開発における、財務面でのコンサルおよび財務や経理に関するサポート等を行っております。初回面談は無料です。お気軽にご相談ください。また、稼働状況により本人が対応できない場合、適切な人材や企業をご紹介することも可能です。2019/06/27追記

画像出典:Teamlancer

この記事では村上 茂久(むらかみ しげひさ)に関する情報をまとめています。

村上 茂久の概要

村上 茂久は、日本のビジネスパーソン。GOB Incubation Partners株式会社で取締役CFOを務める傍ら、任意団体FED(Financial Education & Design)の運営、一般社団法人Work Design Labのメンバーとして活動。

株式会社新生銀行に新卒入行。ストラクチャードファイナンス業務を中心に、証券化、不良債権投資、プロジェクトファイナンス、ファンド投資業務などに従事。

2011年2月、妻である村上 由貴子と共に任意団体FEDを立ち上げ。事務局長として累計300回を超える経済や金融に関する勉強会を実施。「金融とは何か?」を学び、実際に今後の金融をデザインしていくことを目標とし、経済理論本の輪読、現役の金融機関関係者や士業従事者、エコノミストなどによるセミナー形式の講演会を主催。高校生や金融の知識を持たない人も、幅広く受け入れる。

2018年6月、Work Design Labに参画。

2018年9月、GOB Incubation Partners株式会社に取締役CFOとして入社。資金調達・財務面等の専門知識を活かし、スタートアップの支援を行う。また、歯科医院や複数のスタートアップ企業等で“スポットCFO”としても活動。

Business Insider Japanにて連載を持ち、日経CNBCにも出演するなど、メディアでも活躍する。「スタートアップのファイナンスや資本政策を考える際に読んだ方がよい記事や本10選」など、自身のnoteでも知識や経験を広く発信している。

現在の勤務先と役職

GOB Incubation Partners株式会社 取締役CFO

2018年9月~現在

GOB Incubation Partners株式会社は、東京都渋谷区に本社を置くコンサルティング会社。メディアのみならず、自社サイトにおいて、GOB-IPやGOBと表記されることが多い。農耕型インキュベーションをビジネスモデルに、「カイシャをつくる」会社として、事業開発やグローバルリサーチ等のコンサルティング業務、起業支援サービス、スタートアップ事業投資を行う。

一般社団法人Work Design Lab

2018年6月~現在

一般社団法人Work Design Labは、チャレンジする個人やそれを応援する組織の枠に捉われない働き方を支援する団体。運営メンバーも、経営者や企業に属しながら活動に従事する。複業などの自分らしい働き方を推進し、「未来をよりよくするために」という課題解決を共通のベクトルに、イベント開催や勉強会、企業・団体との連携プロジェクトを展開。

任意団体FED(Financial Education & Design) 事務局長

2011年2月~現在

任意団体FEDは、村上 茂久と村上 由貴子が共同で設立・運営する団体。前身は、マンキュー経済学読書会。「未来の金融をデザインする」をミッションに、金融経済読書会や金融業界に携わっている人を登壇者として迎えるセミナーを開催。

過去の職歴

株式会社新生銀行 マネージャー

2006年4月~2018年8月

株式会社新生銀行は、東京都中央区に本店を置く普通銀行。東証1部上場企業。資本金5,122億400万円。

学歴

1980年生まれ

2000年4月~2004年3月 立教大学 経済学部 経営学科 卒業(副総代)
2004年4月~2006年3月 一橋大学大学院 経済学研究科 修了

実績

「ファイナンス」をもっと身近に。ワークショップを通して伝えたいこと

画像出典:KOCHI STARTUP PARK

村上 茂久は、高知での起業支援プラットフォーム「KOCHI STARTUP PARK(高知県主催、GOBが運営)」内で度々登壇。これまで培ってきたファイナンス業務の知識を活かし、起業を志す人に向けた「お金」にまつわるプログラムを開講。

ファイナンスと聞くと、「難しそう」「自分の事業には関係ない」といったネガティブ意識が先行しがちだが、起業とファイナンスがいかに密接に関係しているかを、ワークショップを通した体感的なアプローチで解説。

プログラムで学んだことをもとに、どんな戦略を立てるかまでを実践として行う。村上 茂久によるフィードバックを受けることができ、起業や新規事業立ち上げに興味がある人にとって内容の濃い時間となる。

村上 茂久に関するニュース・インタビュー

村上 茂久に関するニュース・インタビューを集めました。

ソフトバンクビジョンファンド 巨額損失のカラクリ GOB Incubation Partners 村上 茂久CFO

 

働き方改革の最前線! 銀行を離れ、スタートアップ業界に身を投じた“スポットCFO”の決意とは

画像出典:moyale

従来の働き方を脱し、新たなキャリアへと一歩踏み出す人々が増えている。

今回お話を伺ったのは、村上茂久さん。現在、GOB Incubation Partners株式会社(以下、GOB)で取締役兼CFOを務める傍ら、“スポットCFO”として複数社のスタートアップ企業の支援に奔走している。

昨年9月からパラレルキャリアを実践する村上さんだが、それ以前は新卒で新生銀行へ入行以来12年以上、銀行員ひと筋だった。大企業の正社員ポジションを手にしていた彼がなぜ、これほど大胆なキャリアチェンジに踏み切ったのだろうか。

(2019年8月30日 moyaleより)

来たる「分人化社会」、企業は社員の社会接点を最大化する「窓」になれ

画像出典:GOBメディア

めまぐるしく動く社会の中で、個人や企業、さらには社会全体がそのあり方を大きく見直す時期にあるのではないでしょうか。

GOB Incubation Partners(以下、GOB)共同代表の山口高弘(やまぐち・たかひろ)と取締役CFOとして2018年9月にGOBにジョインした村上茂久(むらかみ・しげひさ)がこれからの企業のあり方を語ります。

(2019年4月15日 GOBメディアより)

全員複業のチームメンバーが考える、これからの時代に必要なこと

「全員複業のチームメンバーが考える、人とのつながり方、チームアップの仕方、」の画像検索結果

画像出典:Teamlancer

メンバーの全員が複業という形で参画しているユニークな一般社団法人Work Design Lab。今回は、WDLのメンバー3名にインタビューをし、

・人とのつながり方
・パラレルワーカー同士のチームの回し方、チーム力発揮のコツ
・これからの時代に必要なこと

などについてお話を伺いました。

(2019年1月28日 Teamlancerより)

新シリーズ:マナビ場探訪 FED(Financial Education Design)紹介

画像出典:Insight Vol.96 2018.7月号

HRMの分野では幅広い知識・見識をもとに、さまざまな角度から課題を検討・検証することが求められます。それら知見の「マナビ場」として、JSHRM活動以外で実施されている勉強会やセミナーなどをレポートします。
今回は実務を見据えたプライベートでの自学習の場として、経済と金融を中心とした読書会を開催している非営利組織「FED(Financial Education Design)」の取り組みについてご紹介します。

(JSHRM会報誌「Insights」 Vol.96 2018.7月号より)

人事部はこう見られている!人事未経験者が人事のプロに疑問を投げかける

画像出典:Insights Vol.94 2018.1月号

連載第1号となる今回は、人事未経験者と人事経験者との対談です。人事部の意思決定や行動、コーポレートガバナンスの観点から俯瞰して見た人事部のアカウンタビリティに関心を持ち人事部未経験者の村上氏と、組織変革や人事部そのものの改革を人事部門長として手掛ける井川氏に対談していただきました。

(JSHRM会報誌「Insights」Vol.94 2018.1月号より)

村上 茂久のソーシャルアカウント

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/shigehisa-murakami-0aa9a1158/
Facebook:https://www.facebook.com/shigehisa.murakami
note:https://note.mu/cool_warm/