Taekoの記事

佐藤 崇 / エフルート(現アクセルマーク)・スマートアプリを創業した起業家。メディア、プラットフォームサービスなどBtoCマーケに精通

佐藤崇は、ビットレイティングス株式会社創業者、株式会社スマートアプリ創業者。モブキャストにて要役を歴任した。メディア事業やプラットフォーム事業を始めとするインターネット領域に精通する起業家であり、スタートアップグロースのエキスパート。自然言語検索エンジン、ゲーム業界、決済サービス、ブロックチェーン(NFT)にも明るい。

柳澤大介 / キーエンス、ユニコーン企業で営業・マーケ責任者を歴任。BtoBビジネスのグロース支援に強み

柳澤 大介は、株式会社マイノリティ代表取締役。イプロス(キーエンス100%出資)の元マーケティング部長であり、メルペイやスマートニュースで営業責任者を勤めた、BtoBマーケティングおよびセールスDXのプロ。現在(株)マイノリティでは、製造業やBtoB向けSaaS企業に特化したグロース支援を行っている。

吉田 麻貴 / 海事・海運業界で20年以上のキャリアをもつ、広報・メディア戦略のスペシャリスト

吉田麻貴は、海外向けの広報&デジタルマーケティング戦略のエキスパート。海運業界専門のPR会社であるスターマリン ・パブリックリレーションズ株式会社の創設者であり代表取締役。特にメーカー・物流業界、エネルギー業界、商社などを対象にした、BtoBマーケティング戦略・メディア戦略の立案および実行を得意とする。

ブランディングにコンサルは必要? ブランディングのポイントから頼るべき人材の選び方までご紹介

ブランディングとは、自社の製品やサービスに対して意味を持たせて顧客の利益を最大化する試み、と考えられる。結果的にロイヤリティや共感性を高め、競合優位性を生み出す。また、情報やモノに溢れ、ひとつの行動にも膨大な選択肢がある現代では、製品やサービスだけではなく企業経営から落とし込んだ本質的なブランディングが必要とされている。

CIO(最高情報責任者)採用のポイントとは? 採用メリットから求人方法までご紹介

CIOとは「Chief Information Officer」の略で、最高情報責任者の意である。文字通り情報戦略における最高責任者であり、一般的にイメージしやすい情報資産やシステム、IT部門等の管理・活用という役割を持つ。また、経営レイヤーとしてそれらのテクノロジーを活かした経営戦略の策定やIT投資の執行などもCIOの役割である。

デジタル幹部のシェアリング「シェアボス」と 報酬即日払いサービス「ナゲット」が業務提携

シェアボスとナゲットが業務提携することを発表します。この提携により、通常は 30 日程度かかる業務委託料の支払いを当月払いにすることが可能となります。ナゲットはフリーランスとして働く方への資金調達手段として、請求書の買い取りサービスを提供するものです。

長山 衛 / 株式会社ネットショップ総研の創業者、食品EC業界の頼れる右腕。ECコンサルタントとして戦略立案に強み

長山 衛は、株式会社ネットショップ総研の創業者、現顧問。株式会社ベジタルファーム、株式会社インザイトラスパーなどの取締役として経営に参画している、食品ECコンサルタントのエキスパート。長年に渡るEC業界での実績に基づき、もっとも難易度の高い食品ECの戦略立案から、コンサルティングを行い事業を実行してきた。

ページ上部へ戻る