ブランディング

ブランディングにコンサルは必要? ブランディングのポイントから頼るべき人材の選び方までご紹介

ブランディングとは、自社の製品やサービスに対して意味を持たせて顧客の利益を最大化する試み、と考えられる。結果的にロイヤリティや共感性を高め、競合優位性を生み出す。また、情報やモノに溢れ、ひとつの行動にも膨大な選択肢がある現代では、製品やサービスだけではなく企業経営から落とし込んだ本質的なブランディングが必要とされている。

南坊 泰司 / 日本では取り組みが少ないOMO戦略をメルカリにて実践、マーケティングアクション全般に知見を持つ希少人材

南坊 泰司は、株式会社NORTH AND SOUTHの創業者。電通に入社し、電通独自のデータマネージメントプラットフォームの開発、体制構築に携わる。その後、メルカリに入社し、マーケティングマネージャーとして売上140%成長を継続させる。また、OMO戦略チームの発足。顧客層を広げることに成功したマーケティングのプロ。  #post_excerpt

丸橋裕史 / 多摩美術大学准教授、デザイン経営を得意とするブランディング成功者

丸橋企画株式会社 代表取締役。多摩美術大学非常勤講師兼特任准教授。jekiやウォルト・ディズニー・ジャパン、慶應義塾大学(MBA)を経て独立。デザイン経営を得意とするブランディングのプロとして、上場企業をはじめ公共交通インフラ企業や外食、メーカーなど複数社の企業顧問としても活躍。

ページ上部へ戻る