溝口 浩二 / 元フリークアウト執行役員、システム開発だけでなく採用や事業開発にも強い実力派エンジニア

撮影:高木 亜麗

この記事では溝口 浩二(みぞぐち こうじ)に関する情報をまとめています。

溝口 浩二の概要

溝口浩二は、日本のエンジニア。現在は、株式会社TechTalkの代表取締役社長。

1997年、有限会社シーセルで受託開発プログラマとして業務。

1999年に、常駐していた株式会社ドワンゴへ入社。ソフトウェアエンジニアやプログラマとして、さまざまな B2C システム開発、インフラ構築、システム設計に携わり、セクションマネージャー、研究開発部長、情報システム部長、管理本部長室長を歴任。

2005年、株式会社ニワンゴの技術担当取締役を兼任。並行してドワンゴの新サービスに向けた研究開発から社内情報システム開発、内部統制における IT 全般統制構築、グループ会社全体への ERP システム(基幹システム)の導入を担当し、エンジニア採用人事部長、経営企画室長、新規事業開発に向けた企画開発部長に就任。

2013年2月に、株式会社フリークアウトへ入社。既存事業係数管理と、新規事業構築、技術ベースのビジネスアライアンスを担当したのち、JapanTaxi株式会社との合弁会社である株式会社IRISの代表取締役副社長に就任。デジタルサイネージ事業を担う。

2019年9月に独立し、株式会社TechTalkを設立。代表取締役社長を務める。

現在の勤務先と役職

株式会社TechTalk 代表取締役社長

2019年9月~現在
株式会社TechTalkは、東京都中央区に本社を置くIT企業。技術に基づく新規事業構築/事業仮説を検証するためのMVP開発/オープンイノベーションの実行のためのアライアンス構築などの支援を行う。

過去の職歴

株式会社IRIS 代表取締役副社長

2016年6月~2019年8月

株式会社IRISは、東京都千代田区に本社を置く、新世代デジタルサイネージの開発および広告の販売会社。2016年6月に、JapanTaxi株式会社と、株式会社フリークアウトの合弁会社として設立。

東京都心を走行する日本交通のタクシー車両向けに、IoT型デジタルサイネージ端末を独自開発し搭載。そのデジタルサイネージ・ネットワークを配信対象とした動画広告商品「Tokyo Prime」を開発・販売する。

株式会社フリークアウト 執行役員

2013年2月~2019年8月

株式会社フリークアウトは、東京都港区に本社を置く広告サービス会社。2011年1月に国産初のDSPをリリースして以降、モバイルマーケティングプラットフォーム「Red」や、デマンドサイトプラットフォーム「FreakOut DSP」などのサービスを展開。

株式会社ニワンゴ 技術担当取締役

2005年~2013年1月

株式会社ニワンゴは、かつて東京都中央区に本社を置いていたIT企業。現在は、株式会社ドワンゴの完全子会社。

株式会社ドワンゴ ソフトウェアエンジニア/サービス企画開発部長

1999年~2013年1月

株式会社ドワンゴは、東京都中央区に本社を置くIT企業。動画コミュニティサービス「ニコニコ動画」や、eラーニングサービス「N予備校」などを運営。

有限会社シーセル 受託開発プログラマ

1997年~1998年

溝口 浩二に関するニュース(インタビュー)

溝口 浩二に関するニュース(インタビュー)を集めました。

合弁会社で世界へ タクシーメディアの掲げる野望

画像出典:Forbes JAPAN

2015年10月、JapanTaxi CMO・金高恩氏とフリークアウト・ホールディングス 執行役員・溝口浩二氏はランチの席にいた。JapanTaxiのとある優秀なエンジニアを引き抜くためだった。ところが思惑は外れ、溝口氏は仕方なしに自社の事業を紹介することに。これが後にタクシーのデジタルサイネージ事業を手がける合弁会社、IRIS(以下、IRIS)設立につながることになる。

(2018年9月13日 Forbes JAPANより)

「本田の描く広告の未来を実現する」――隠れたキーマンを調べるお・フリークアウト、溝口氏インタビュー

freakout1

画像出典:THE BRIDGE

国内屈指のDSP(Demand Side Platform)として名をはせるフリークアウト。創業からわずか3年半で東証マザーズに上場し、その勢いは増すばかりです。そのフリークアウトと言えばかつてブレイナーを創業し、ヤフーに売却した経験を持つ創業者の本田謙氏と、Googleなどを経て創業に参画したCOO(最高執行責任者)の佐藤裕介氏がよく知られています。
そんな同社の「隠れたキーマン」として今回ご紹介するのは溝口浩二氏。社内を横断的に動き、開発、企画、採用など幅広くカバーしながら本田、佐藤両氏を支える同氏にスポットライトをあててみました。

(2014年6月28日 THE BRIDGEより)

ニワンゴ技術責任者が語る、「ニコニコ動画」成功の鍵

ニワンゴ技術担当取締役の溝口浩二氏

画像出典:CNET JAPAN

ニコニコ動画はどのようにして生まれ、どういった点が成功の鍵を握ったのか。また、ニコニコ動画のようなサービスを開発する上で求められる人材像とはどんなものなのだろうか。ニワンゴ技術担当取締役の溝口浩二氏が11月17日に東京都内で開催された就職支援イベント「ミリオンタイムズスクウェア キャリアアップセミナー」の講演で明らかにした。

(2007年11月19日 CNET JAPANより)

溝口 浩二のソーシャルアカウント

Facebook:https://www.facebook.com/mizoguchi.coji
Eight:https://8card.net/p/31542135106


この記事の内容は2019年9月23日時点での編集部調査に基づくものです。
記事の内容に誤りや更新すべき内容等あれば編集室までお知らせいただけますと幸いです。
written by シマダ