細野 博孝 / 企画・制作・プロモーション、コンテンツの成長と成功に必要な全てのスキルを手にしたサクセスメーカー

細野博孝氏1

画像出典 : amazon

この記事では細野 博孝(ほその ひろたか)に関する情報をまとめています。

細野 博孝の概要

細野 博孝は日本のビジネスパーソン。現在は株式会社ゲームゲート CEO 。

大手通信会社グループのシステムエンジニアとして、大規模システムの開発に従事。その後、コンテンツ業界に転身。2006年から株式会社ゴンゾロッソにて複数のオンラインゲームを立ち上げるなど、国内外のオンラインゲーム及びアニメビジネスに係わる。

2011年、株式会社ゲームゲート創業。IPコンテンツを中心に、運営型のゲームからカジュアルアプリの企画・開発・運営を行う。ゲーム、アニメ、漫画などのコンテンツの知識、人脈を持ち、「蒼き鋼のアルペジオ」「ガールズ&パンツァー 戦車道大作戦!」等、複数のヒットコンテンツをプロデュース。アジアを中心に幅広くコンテンツビジネスを展開する。

2015年、株式会社ELEngine取締役に就任。

現在の勤務先と役職

株式会社ゲームゲート 取締役社長

2011年8月25日〜現在

ゲームゲートは2011年に創業され、ゲームやアニメ・漫画を中心としたIPコンテンツのマネジメント事業を手掛ける会社。

細野は会社の経営に携わりつつ、開発・運営を行っている。また、WEBやリアルなど様々な高さの視座からプロモーション戦略を練り、国内外を問わず自社作品を展開。

昨今では他社IPだけではなく、オリジナルタイトルの開発にも注力している。

株式会社ELEngine 取締役

2015年12月1日~現在

ソーシャルゲーム・ネイティブゲーム・ホームページ制作に関連する業務全般を行う会社。

ゲームのUI/UXの設計からデザイン、プロモーションやWEBサイトのUI/UX設計、デザイン、SEO対応などデジタル領域の制作に関して広い範囲でコンサルティングや業務支援をしている。

メンバー全員がデザイナー。そのワークは直感的に使用できるインターフェイス構成で、目を惹かれるものが多い。

過去の職歴

大手通信会社グループ システムエンジニア

2003年~2005年

細野は、システムエンジニアとして大規模システムの開発に従事。

株式会社ゴンゾロッソ

2006年1月1日~2011年12月31日

グループ会社だったアニメ制作会社ゴンゾと連携をし、オンラインゲームのテレビアニメ化を行っていた。また、アニメ提供各社とのコラボレーションとしてさまざまなキャンペーンを行うなど、精力的なメディアミックス展開を行っていた。

大型の株式売却や事業譲渡など幾度かの変遷を経て、2013年7月31日に解散。

細野 博孝に関するニュース

細野 博孝に関するニュースやインタビューを集めました。

モブキャストHD、ゲームゲート買収の経過報告

画像出典 : Social Game Info

モブキャストHDはゲームゲートの買収の経過報告をし、同社の阪野 哲氏、細野 博孝氏、MSB(阪野 哲氏の資産管理会社)より1000株取得することを明らかにした。取得価額については速やかに開示する、としている。

(2019年07月09日 Social Game Infoより)

細野 博孝のソーシャルアカウント

Facebook: https://www.facebook.com/hirotaka.hosono/
Wantedly: https://www.wantedly.com/users/350120


この記事の内容は、2019年9月24日時点での編集部調査に基づくものです。
記事の内容に誤りや更新すべき内容等あれば、編集室までお知らせいただけますと幸いです。

written by Atsushi 

細野博孝氏1